スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

This is Hokkaido! スキー感想編

  • 2009/03/11(水) 22:52:53

帰ってきました。そして生きています。
スキーをしに行って来ました。往復はもちろん飛行機。
羽田空港までは京急。学校の友達は大半が京急で来たので車内は大混雑。
しかも空港線初乗車にして全線走破。
京急川崎駅の複雑構造はびっくり。京急クヲリティですな。

で、無事に到着。大きい荷物は先に旅館に着いていたので着替えてすぐにスキー開始。
新雪たくさん、スノーパウダーしかないスキー場で4日間研修をしてきました。

僕の所属した班は初級者のちょっと上な人たちだったので
すぐにゲレンデへ移動し滑降開始。人口雪とは比較にならないくらいの感触が
足から伝わって来ました。
2日目には山の中腹まで上がり、滑降時間も長くなってきてだいぶ余裕がでたので
インストラクターの方ともお話をするようになりました。
天気は雪or晴れで最高のコンディションとのことで外国人観光客も多いことから
英語が堪能であることもあり「This is Hokkaido!だよ。」と何度も言っていました。

3日目には山頂付近標高1000mまで到達。目下に広がる倶知安、ニセコの町並みと
目の前にそびえる羊蹄山。雲が晴れて完全な姿をなんども見れて良かった。
携帯で写真を何枚も撮ったので今度貼り付けます。

最終日はインストラクターの間違いで急勾配のゲレンデも横滑りで降りて、
なかなか貴重な体験をしました。
ニセコの山すべてがスキー場なので指定された範囲内ならどこでも滑降可能。
白樺の木の間も滑った跡がありました。
そうそう、ゲレンデ内に何か小動物の足跡がありました。なんだろうなぁ。
学年全体でいったのにもかかわらずスキー場全体に占める割りありはわずか。
自由気ままに悠々と滑れました。

そんなこんなで研修はあっという間に終了。
自分で言うのもどうかと思いますが、少しは上達したんじゃないかな。

毎年大地を越えるのは大変だけど、一度は家族で行きたいですね。
時間的には1時間半でつくから。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。